ドライバーおすすめ人気ランキング!選び方のコツやポイントも解説!CLICK!>

アイアンのフックの直し方はインサイドインを覚えよう!

何度練習してもアイアンで打つと左にボールが出てしまうのはスイングの軌道が「アウトサイドイン」になっている場合が多いです。
今回は自分のスイング軌道を確認して、正しいスイング軌道である「インサイドイン」を覚えましょう。

スイング軌道の種類

ゴルフのスイングには3つの軌道があり、正しいスイング軌道である「インサイドイン」に対して、ミスショットを誘発してしまう、「インサイドアウト」と「アウトサイドイン」があります。

  • 「インサイドイン」は内側からクラブが降りてきて内側に抜けていく軌道でインパクト後にまっすぐ飛んでいく
  • 「インサイドアウト」は内側からクラブが降りてきて外側に抜けていく軌道でインパクト後に右に飛んでいく
  • 「アウトサイドイン」は外側からクラブが降りてきて内側に抜けていく軌道インパクト後に左に飛んでいく
ゴルフスイング軌道

アイアンがフックする原因

ボールを打とうとする意識が強くダウンスイングの時に頭が前のめりになったり、力むことによって軸がずれ、体と腕が離れすぎになってしまい、ダウンスイング時の軌道がバックスイング時の軌道よりも外側になってしまうのが原因です。
体の軸がズレてしまうとトップやダフリの原因にも繋がってしまうので初心者の方はしっかりと対策しましょう。

アイアンのフックの直し方

まずはハーフスイングでゆっくりスイングして軌道を確認しましょう。
力を抜いて頭の位置を動かさずクラブの残像が見えるくらいのスピードで何度も確認しましょう。

スイングの軌道が「インサイドイン」の軌道であることを確認したら少しづつ振り幅を大きくしていきましょう。前傾姿勢を保ちながらハーフスイングで確認した「インサイドイン」の軌道をイメージしながらスイングします。フルスイングになるにつれて体と腕が離れやすくなってしまうので、右の脇の上部をしっかり締めてスイングしていけば、内側からクラブを降ろしやすくなるので効果的です。

まとめ

「インサイドイン」の軌道はゴルフのスイングで大事な基本なのでしっかりと練習して覚えましょう。

  • 前傾姿勢を保つ
  • 頭の位置はインパクト時まで動かさない
  • ダウンスイング時に右脇を締める意識

初心者専用!どこよりもリーズナブルにゴルフレッスン【サンクチュアリゴルフ】