ドライバーおすすめ人気ランキング!選び方のコツやポイントも解説!CLICK!>

ゴルフグリップの握り方を画像付きで分かりやすく解説します

ゴルフを始めるにあたってまず覚えなければならないのがゴルフクラブの握り方です。正しい握り方をしていないと、インパクトでフェースが開いてスライスしたり、逆に閉じすぎていきなり左に飛んだりしてしまいます。今回は正しい握り方を覚えて事前にミスショットを防ぎましょう!

ゴルフクラブの握り方の基本

左手の握り方はスクエアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップの3種類が基本です。まずはそれぞれの特徴を確認しましょう。

  • スクエアグリップ
    もっともスタンダードな握り方でボールが曲がりにくくまっすぐ飛んでいく特徴があり、スイングもしやすいので初心者の方にオススメの握り方です。
  • ストロンググリップ
    構えた時点でフェースが閉じているのでスライスが出にくくインパクトでスイングのパワーが伝わりやすく飛距離が出やすいのが特徴です。別名フックグリップとも言います。
  • ウィークグリップ
    ストロンググリップとは対照的で構えた時点でフェースが開いておりスライスが出やすいのが特徴です。
スクエアグリップ、ストロンググリップ、ウィークグリップ

初心者の方はスクエアグリップで

初心者の方はまずはスクエアグリップをしっかり覚えましょう。

自然に握れてボールがまっすぐ飛びやすく、ストロンググリップとウィークグリップの中間なので最初に覚えておけば他のグリップに変えたい時に比較的スムーズに習得しやすいはずです。

スクエアグリップの手順

スクエアグリップ完成


上記の画像の形を作っていきましょう。

まずは右手でクラブのシャフトを持ち体の正面にセットして、そのままの状態でヘッドが地面から30センチほどまで下ろします。そこから左手をクラブの下からいれ、手の甲を上からかぶせるように握ってください。この時に中指以外の指を外してみて、中指だけでクラブが支えられている状態であれば正しく握れています。

続いて右手のグリップを作っていきます。右手の人差し指の第一関節をクラブに添え、中指と薬指も同じようにします。小指は離したままです。

次に右手の薬指が左手の人差し指に当たるまでスライドさせてください。余った小指はオーバーラッピングでもインターロッキングどちらでもかまいません。

大事なのは両手がしっかりと一体化し、スイング中に崩れないことが大切です。左手の親指に右手の生命線を合わせる感じで握り、両手が一体となったら完成です。

オーバーラッピング、インターロッキング

グリップを握る強さについて

グリップが出来た状態のままクラブを立ててください。一番力を入れた状態を10として徐々に力を抜いていきます。

この時にクラブを揺すりながら力を抜きヘッドの重みを感じるところ3〜4の強さが丁度いい強さになります。初心者の方は強く握ってしまいがちなので気をつけましょう。

まとめ

  • 初心者はスクエアグリップをまずは覚える
  • 両手が一体化することが大事
  • グリップを握る強さは10段階のうち3〜4にする

ゴルフクラブの握り方・グリップの基本はいかがでしたか?クラブの握り方を覚えるのはゴルフスイングの非常に大事な最初のステップなので、自己流で握って変な癖をつけないように心がけましょう!

また、ゴルフクラブを握るために必須アイテムであるゴルフクグローブの選び方も大事な要素になってきます。自分に合っていないゴルフグローブを使用しているとミスショットの原因になったり、血豆が出来やすくなるなど怪我の原因にもなるので必ず自分の手に合うゴルフグローブを使ってください。

ゴルフグローブの選び方やサイズの測り方は「選び方をこだわればスイングは上達する!おすすめのゴルフグローブ特集!」で詳しく解説していますので合わせてチェックしてみてください!

多くのプロゴルファーが愛用!フットジョイのゴルフグローブ

世界が認めた!エルゴリップのゴルフグローブ