ドライバーおすすめ人気ランキング!選び方のコツやポイントも解説!CLICK!>

フックグリップが原因でミスショット!?意外なデメリットとは?

こんにちは!GOLSWI編集部です!飛距離をもっと出したい方やスライスを直したいゴルファーの方々は主にフックグリップで握ってスイングしていると思いますがどうでしょうか??

フックグリップはその名の通りフックしやすい握り方でスライス傾向のあるゴルファーに適しており、さらに別名「ストロンググリップ」と言われているほどスイングのパワーがボールに伝わりやすく飛距離が出しやすいとも言われています。

「やっぱりフックグリップって最高じゃん!」って思っている方、実はフックグリップには意外なデメリットがあるのをご存知ですか?フックグリップには色々なメリットがある反面、何度練習しても中々直らないミスを気づかないうちに引き起こしているかもしれないのです…

フックグリップのメリットとデメリット

まずはフックグリップのメリットとデメリットを理解して、本当に今あなたがフックグリップを使わないといけないのか考えていきましょう!

メリットについて

  • 構えた時点でフェースが自然に閉じるのでスライスが出にくい
  • フェースターン(フェースローテンション)が簡単にできる
  • ヘッドスピードが上がりやすい
  • ボールを押し込むインパクトになり飛距離が出やすくなる
  • インサイドからのダウンブローにしやすい

デメリットについて

  • 左腕がねじれて窮屈になる
  • 左肩が上がり右肩が下がってしまう

フックグリップのメリットとデメリットを比較してみると圧倒的にメリットの方が多いことが一目瞭然ですよね!

特にスライスが出にくくなったり、ヘッドスピードが上がったり押し込むインパクトになって飛距離が伸びるなどゴルフ初心者にとっては嬉しいメリットがたくさんあるように思えます。

ところがそんなにメリットの多いフックグリップですが、少ないながらも上記で紹介したデメリットをしっかり気をつけていないと、せっかくのメリットを台無しにしてしまうミスを誘発してしまうことがあるので注意が必要なのです!

フックグリップが原因で起きるミス

では一体フックグリップのデメリットがどんなミスショットを誘発してしまうのかご紹介していきます!

アッパースイングになりやすい

フックグリップにすると腕が内側にねじれてしまうので左腕が突っ張ってしまう状態になってしまいます。そのため注意していないと左肩が上がりやすくなってしまい、逆に右肩が下がってしまうといったアドレスになります。

このようなアドレスの状態でスイングしてしまうと、インパクトのタイミングでクラブが下から入ってしまい結果的にアッパーブローになってしまうのです。

ティーアップしているドライバーでのスイングならまだしも、シャフトの長いフェアウェイウッドなどのクラブではヘッドが地面に当たり後ろから跳ねてしまったり、アイアンなどのショットでは完全にダフってしまうなどのミスに繋がってしまいます。

トップやダフリにチョロなどのミスが出てしまって何度も色々な練習をしているけどなかなか直らない人は実はフックグリップに原因があるかもしれません。

過剰なフックグリップにしていないか?

あなたはグリップを握る時に過剰なフックグリップをしていませんか?

フックグリップの握り方 左手の拳が2〜3個程度見えている 状態にする 親指は1時の方向

正しいフックグリップの握り方は上記の画像のように左手の拳の部分が2〜3個程度見えている状態がベストなのですが、左手の拳が4個以上も見えているような状態だと左手の甲が上を向きすぎて腕のねじれが強くなりすぎてしまい左腕が完全に伸びて突っ張ってしまいます。

フックグリップでクラブを握る時は腕が捻れて突っ張りすぎない程度の握り方に注意しましょう。

また飛距離を出したいがためにグリップを強く握りしめてしまうのもミスショットに繋がってしまいます。フックグリップで握り方が強すぎるとせっかくフェースが返しやすいスイングが出来るはずなのに、フェースターンが自然に行えず最適にインパクトを迎えることが難しくなってしまうのです。

グリップを握る強さは10段階のうち3〜4程度にしましょう。ヘッドの重みを適度に感じることができヘッドが走る感覚でスイングを行えることが出来るのでフックグリップのメリットを生かすことが出来るはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?フックグリップには色々なメリットがあり多くのアマチュアやプロのゴルファーの方々に使用しているグリップの握り方の一つです。

とはいえデメリットのことをしっかり理解したうえでスイングをしないと、気づかないうちにミスを誘発してしまう可能性があるのがお分かりになったと思いますが、過剰なフックグリップにしないことと、強く握りしめないことさえ注意して練習していけば必ず上手く使いこなせるようになるので頑張ってくださいね!